トップページ > 浮気調査コラム

浮気調査コラム

突然夫に離婚したいと言われ、悩んだ日々

結婚して1年、最近夫が冷たい。
…私、何かしたかしら??元をたどればそこが始まりだったのかもしれません。

結婚当初はそんなこともなかったかと思うのですが、IT会社の営業である夫は、結婚して1年たった頃、休日出勤が増え、帰りが午前になることがしばしば見受けられるようになりました。
当時、私も同業他社で営業事務として働いていたので、営業がどんな仕事をしているのか解っていました。
もしかして、うちの夫は仕事が出来ないのか、会社側が夫に無理をさせているのか…どちらにしろ、これがずっと続けば夫の身体がもたないなと、心配する日々が続きました。
大丈夫なの??と聞いても、仕事が忙しいからしょうがないとのことでした。

同じ家に住んでいるのに、すれ違いの日々。
夫は仕事でイライラしているのか、心ない発言が目立つようになり、私はその度に傷つきました。
ケンカのように言い返すときもあれば、悲しくて泣いてしまうときもありました。
このままでは互いに良くないと、夫婦のあり方や、夫の仕事について、何度も話しあいをしました。
その時々で夫はもう少し優しくできるように頑張る!!と言ってくれるのですが、仕事の忙しさのせいか、いつもイライラ。
そして、ケンカ→話し合い→頑張る!!の繰り返しが1カ月ほど続きました。
そんな中、突然、夫から「離婚したい!」と切り出されたのです。

確かに、最近ケンカは多かったけれど、その都度解決してきたし、なぜ離婚??と、私にとっては青天の霹靂でした。
もしかして、他に好きな人が出来た?と、聞くと、そうではないとのこと。
彼の言い分は、『お前は悪くない。本当に申し訳ないが、一人で仕事に打ち込みたいから離婚してくれ!』とのことでした。

とにかく夫は、「仕事をするために離婚したい」の一点張り。
私は彼の体を心配することはあっても、仕事の邪魔をしたことなど一度も有りません。
この理由が理解できない私は、当然周りに相談しました。
親も友達も、口々に不倫じゃないの?と言うのですが、その時はまだ夫を信用しきっていたので、絶対に不倫じゃないと本人も言っていると、皆の意見を否定しました。
親には、彼が忙しく仕事しているのに、お前がわがまますぎるんじゃないか?と、自身の態度を改めるよう言われたので、まずは彼を変えることより、自分が変わることに注力しようと決め、夫に嫌なことを言われても、取り合わず、夫を支えて行こうと決めました。
きっと仕事が忙し過ぎるが故の気の迷いだと、仕事が落ち着けば、また元に戻るだろう…くらいに考えていました。

結婚して間もなく、私達は新築マンションを購入していたのですが、離婚したいと切り出された頃、そのマンションが完成し、順次入居のお知らせが来ました。夫は、引っ越し前に離婚したいと言っていましたが、引っ越しまで残り2ヶ月で、私はすぐに答えを出せる状態ではありませんでした。

しかしながら、夫は口を開けば「離婚したい」ばかりで、あの頃は本当に毎日が辛くて、泣いてばかりいました。
夫の言う離婚理由は理解できないけれど、そんなに言われる位ならこのまま離婚したほうが幸せなんじゃないか?いやいや、私に落ち度があるから離婚したいに違いない。
彼に対する私の対応はまだ改善の余地があるんじゃないだろうか?それか、もしかしたら、夫は働き過ぎで鬱病なんじゃないか…?
その頃の私には離婚する気は全くなく、夫の言動にただただ考え悩む日々が続いていました。

春になり、私達もいよいよ新居に引っ越すことになりました。
あんなに悩んで一緒に選んで買った新居です。
相変わらず夫は離婚したいと言っているけれど、仕事も少し落ち着いたようだし、引っ越しすれば気分も変わって夫の気持ちも落ち着くだろう…と、思っていました。
引越しの当日、朝目覚めると、夫は帰っていませんでした。
心配して夫に電話をかけると、徹夜で仕事して、会社で寝ていたとのこと。
夫は引っ越し業者が来る直前に帰宅し、業者の方々には良い顔を見せてはいましたが、新居に移り、業者が居なくなった途端、「部屋数も増えたし、今日から別々の寝室にしよう」と言い出しました。

どうして私はそこまで嫌われてしまったのだろう?自問自答しても答えは出ませんでしたし、悪いところがあれば直すから教えてと聞いてみても、夫は「お前は悪くない」と言うだけでした。
そして「お願いだから、離婚してくれ」と、いつしかお願いされるようになっていました。
お願いされると、なかなか離婚に応じないこちらが悪者なのかという気にさえなってきます。

引っ越ししてから、会社と遠くなったためか、朝帰りは減りましたが、夫は帰ってきても終電間近、休みの日は休日出勤か、用事があるからと一人で出かけるようになりました。 私は一人、毎日暗い気持ちで、少しずつ引っ越しの片づけをしていました。
ふと、何の気もなしにリビングにあった箱をあけると、そこには夫の荷物が入っていましたが、一番上に可愛らしい封筒がありました。案の定、女性からの手紙で、内容は夫と過ごした楽しい週末のことでした。
文末には丁寧に名前まで書いてありました。

今まで、あんなに胸が痛くなったことはありません。初めての感覚でした。

でも、それと同時にやっと納得できました。
だから、夫はあんなに離婚したがっていたんだ!!と…。

私は、震える手で傘をさし、雨の中、手紙のコピーをとりにコンビニに走りました。

手紙に書いてあった女性の名前は、夫から何度も聞いたことのある名前でした。
それは、夫が会社で面倒を見ている新入社員の女の子でした。
そういえば、彼女からの年賀状に【先輩にずっとついていきます】と書いてあった事を思い出しました。
その時、夫に「何コレ?アヤシイ~!!」と、冗談半分で言ったものですが、まんざら私の勘は外れてなかったな…と、もっと早いうちに疑っていれば、結果も変わったのかな…などと、今になって思ったりもします。

毎日のように離婚を懇願されていたこともあり、私は、離婚するかしないか…を日々考えていました。
不倫していた場合を想定していなかったわけではありません。
しかし、何度夫に尋ねても、「離婚はしたいが、浮気は一切ない!」と言い切るのです。ずっと夫の言葉を信じていました。
不倫を知った後は、謝ってきたら許せるのか?そのあと、夫婦を続けられるのか?いや、不倫は許せない!離婚すべきだわ。…とにかく、毎日考えが変わり、私は精神的に参ってしまいました。何が正解なのかがわからないのです。

とりあえず、離婚するかどうかは先延ばしにし、まずは不倫相手に慰謝料請求しようと思い、弁護士や司法書士に相談に行ってみました。
その結果、離婚裁判になった場合、どのような不倫の証拠が必要か等の詳しい話を教えていただきました。
不倫には気付かないふりをして、メモや領収書など、証拠になるものを集めました。
自分で集められる証拠には限りがあるので、探偵も頼みました。
不倫相手には内容証明を送り、慰謝料請求する方向で考えがまとまりました。

専門家に相談したのは、もし離婚することになったら優位に話を進めたいとの思いもありましたが、二人の逢瀬のはっきりとした証拠を目の当たりにすることによって、離婚の意思を固めたいという思いもありました。
専門家の方々からは、なかなか離婚に応じない私に夫が暴力をふるう可能性もあるので、自分の身を護ることも大事ですよと暖かい言葉もかけていただきました。
不倫問題で疲れ切った心には、癒しが必要ですが、第三者に話を聞いてもらうというのも、とてもいい効果があると思います。
今はウェブ上でも悩み相談ができますし、ひとりで悩まず、客観性をもった意見を聞くのも一つの手です。同じく不倫問題で悩みを持った方からコメントをいただいたりすると励みになりますよ。

不倫相手も判明しているし、社内不倫だったせいもあるからか、探偵さんのおかげでわりとあっさり二人がホテルに入る動画も取れ、裁判になった場合には勝てる証拠がそろいました。

あとは、不倫相手への慰謝料請求と、夫との関係をどうするか…だけです。
やはり、不倫の証拠の動画を見たおかげもあり、私のなかでも離婚したい気持ちが大きくなっていました。
しかし、ここにきてもまだ、離婚が正解なのかどうかで悩んでいる自分がいました。
離婚したいと切り出されて半年、新居に引っ越ししてから3ヶ月。私はずっと離婚しない場合を想定して、夫が暮らしやすいようにと毎日の家事だけはこなしていました。
この頃の夫は優しくなったかと思えば、急に怒鳴ったり、私の精神も疲れ切っていましたが、きっと夫は私以上に疲れていたのかもしれません。
そんな状態でしたので、弁護士の先生のアドバイスの通り、私自身に危険が及ぶことも考えられたので、まずは別居からと、夫に離婚に向けて考えている旨を話しました。 夫は不倫の事は隠したまま離婚するつもりでいます。
証拠が取れてからは、私はいつ不倫の話を夫に切り出そうかと悩んでいました。
もし、不倫の事を知っていると話をしたら謝ってくるんじゃないだろうか…。そうなったらどうしよう??許すべきなのかしら??

ある朝、そのとき珍しく家にいた夫があきれたように言いました。
「ねぇ、いいかげん早く出て行ってくんない?」
その一言で、急に今まで悩んでいたことが馬鹿らしく思えてきました。
そこで初めて、あなたは隠してたようだけれど…と前置きして、不倫の証拠がそろっているという話、相手女性には慰謝料請求の準備をしているという話をしました。
とたんに夫の顔色が変わり、土下座して、彼女に慰謝料請求するのだけはやめてくれ!!と頼みこんできました。
彼女とは一時はそういう関係にあったが、今は何もないとのことでした。
謝られることを想定していた私はとんだ肩すかしを喰らいました。
そして、謝らない夫にひどくがっかりしました。

夫の土下座に免じて、実家暮らしの女性に弁護士名義で慰謝料請求の内容証明を送るのはやめました。
代わりに夫が自分で女性に慰謝料の件を話するということでしたので、それで手を打ちました。
後日、彼女からは夫経由でお詫びの手紙が来ましたが、会って謝りたいとのことでしたので、夫抜きで彼女に会いました。
話を聞くと、夫から誘ってきたとのことでしたが、しかし、彼氏もいるので、今はもう交際していないとのことでした。
そして、慰謝料は分割になりますが払いますとのことで、彼女は彼女なりに誠意を見せてくれました。
その後、夫との離婚も示談で話が進み、公正証書を交わして、夫からも慰謝料をもらいました。

結局、彼女と別れていたのに、なぜ夫があんなにも離婚したがったのかの真意はわからないままです。
時間にすると、離婚したいと切り出されてから半年とちょっとですが、当時の私にとっては永遠に続くのかと思うほどの辛く長い半年でした。

止まない雨はありません。
不倫で悩んでいるのであれば、一人で悩ます、誰かに相談しましょう。
今が最悪なのであれば、いずれは必ず好転します。
私は、離婚したおかげで、今の再婚があると思っています。今は幸せな毎日です。

調査員からのひとこと

平々凡々と普通にくらしている家庭の旦那や嫁から離婚したいと言われたらまず95%は浮気相手がいます。
離婚したい理由を聞いても意味不明な答えしか返ってきません。
その時はあまり刺激せず私達プロの探偵にご相談ください。
離婚するしないは真実を知ってから決める方が絶対に得です。
もしも場合何も証拠が無く離婚されるより証拠があれば離婚に有利です。
そして証拠を撮ればやり直しに繋がる可能性もありますので・・・
へたに相手に問わないで水面下で調査する事をお薦めいたします。

解決の第一歩は確実な証拠から|ご相談ホームはコチラ
ご相談フォームはコチラ
メニュータイトル 浮気調査・素行調査 ガル離婚相談室 人探し・行方調査 ご近所トラブル 信用調査 結婚調査 盗聴器の発見 ストーカー対策 いじめ対策 裁判資料の内偵 特殊調査 探偵社の選び方 調査の流れ よくあるご質問 浮気調査のアフターフォローも私にお任せください!! ガルセキュリティ あなたの街のガル ガル探偵学校
ガルエージェンシー大阪難波駅前 ガルエージェンシー大阪難波駅前
フランチャイジー募集
フランチャイジー募集
GALU 本社サイトへ
GALU 本社サイトへ
浮気の解決サイト 浮気調査
浮気の解決サイト 浮気調査
人探し&行方調査
人探し&行方調査
盗聴器発見で安心できる生活
盗聴器発見で安心できる生活
企業調査 確かな情報による人材確保
企業調査 確かな情報による人材確保
結婚調査 悩み解決サイト
結婚調査 悩み解決サイト スルガ銀行 ダイレクトエース
VISA MasterCard