トップページ > 浮気調査コラム

浮気調査コラム

旦那の浮気相手が私の会社の後輩だった体験談

私と旦那が結婚したのは丁度20年前になります。
私達は職場結婚で、今でも同じ職場で働いています。

子供は小学3年生の娘が1人と、小学生1年生の息子が1人おり、家族4人で仲良く暮らしています。
このように表向きはごく普通の家族ですが今から8年前旦那は2年間に渡り浮気をしていました。
その旦那の浮気相手はなんと私の会社の後輩で、当時は22歳の地味なタイプA子という女性でした。

私が旦那の浮気に気が付いたのは、携帯電話を肌身離さず持ち歩き始めた事がきっかけでした。

私の旦那は自分の時間を拘束されるのが大嫌いなタイプの人でしたので、携帯電話は家に置いておくのが当たり前で、旦那に用事があって電話をしてもつながらない事が殆どでした。
そんな旦那が、ある日突然携帯電話を必ず持ち歩くようになったんです。

最初のうちは緊急な用事ができても旦那が携帯電話を持ち歩くようになった為直ぐに連絡が取れるようになり本当に助かっていた為、その時はまさか旦那が浮気しているなんて夢にも思っていませんでした。
しかしそのうち電話をかけても通話中である事が多くなったんです。

そして、それと同時に自分の書斎にこもる事が増えました。
この当たりから何となくおかしいなと感じていました。
それでも証拠は何もないですし、旦那には怖くて聞く事ができませんでした。

私は以前より旦那にいつも負い目を感じていました。
何故なら私と旦那は同じ職場で働いていますが、実は私が上司なんです。
しかも旦那は元々私の先輩でしたが、私は旦那よりも仕事を評価され彼の役職をどんどん追い抜いてしまい、気が付いた時には私は会社ではトップ3の存在となっていました。
その為、私は旦那よりも仕事量が多く、家事や子育てに関しては殆ど旦那任せでした。
それでも私は仕事が楽しくて仕方が無かった為、旦那にはいつも負い目を感じながらも大好きな仕事を優先させてもらっていました。
そして負い目を感じている理由はそれだけではありません。

私は結婚前に、不倫の経験がありその時に子供を授かりそして中絶した経験があります。
この経験は結婚前の事ですので旦那には関係のない事なのですが、こんな最低な私を受け入れてくれて結婚してくれた旦那には本当に頭が上がらない状態でした。

そんな中旦那の帰りが遅くなる事が増えてきました、この頃には私も夫の不倫をしているとほぼ確信していた為、毎日ストレスに押しつぶされそうになっていました。
しかし先程もお話ししたように、私には過去に不倫の経験があります。
因果応報とはこの事なんだと、毎晩帰りの遅い旦那を待ちながら泣いておりました。
体重はどんどんと減って、元々痩せていた私の身体はガリガリになり、しまいにはストレス性の帯状疱疹にまでなってしまいました。

こんな状態が2年程続き、私達夫婦の間には殆ど会話が無くなってしまいました。
子供がいる為、お互い子供同士とは話すものの、同じ空間にいても私達が話す事は無くなりました。

そんなある日、私は意を決して旦那の浮気の証拠を探すべく旦那が夜勤で家にいない日を狙って彼の書斎を探ってみました。

しかし携帯電話は旦那が肌身離さず持ち歩いていますし、証拠らしい証拠は一切ありませんでした。
諦めて部屋を出ようとした時、何となく本棚の隅に隠すように置かれていたデジタルカメラが気になったのです。
それと同時にもの凄く嫌な予感がしました。

デジタルカメラを手にした時、私は緊張のあまり手が震えていました。
ここ2年、旦那がデジタルカメラを触っているのは私の知る限り見た事が有りませんでした。
その為、デジタルカメラの充電は既に底をついている筈です。

なのに、デジタルカメラのスタートボタンを押すと、『ピッ』という機械音と共に作動してしまいました。
そして、写真の保存フォルダの中身を見た瞬間激しい吐き気に襲われました。

そこには私の会社の後輩A子が、旦那と一緒に裸の状態で写真に写っていたのです。

会社の男女

これは正に決定的な証拠を掴んだ瞬間でした。
今まで、ずっとおかしいなと思っていた事全てが線となり繋がりました。
旦那は、この2年間浮気をしていたんです。
しかも、私が職場で最も可愛がっていたA子と…。
私はその日一睡もできずに、旦那の帰りを待ち続けました。

そして旦那が帰ってきてからは、正に修羅場でした。

私は泣きながら、浮気の事実を問いただし、旦那はそれに対してヒステリックに意味不明な事を怒鳴り続け、最終的には旦那は家を飛び出してしまいました。

一人残された私は、考えた末浮気相手のA子に電話を掛けましたが早朝だった為かA子は電話に出ませんでした。
その為、私は自分の思っている事を淡々とメールへ打ち込み、A子に送信しました。
その時の内容は『A子さんと私の旦那が浮気をしている事で、連絡しました。

私はあなたと私の旦那が浮気をしている事を知っています。
これ以上、浮気を続けるのであれば上司に報告し、然るべき手段を取ろうと思います。』というものでした。

それから2時間程経って、A子が泣きながら電話をかけてきました。
A子は『申し訳ありませんでした』と何度も謝り、そしてもう旦那とは一切かかわらないという約束をしてくれました。
私は、あんなにA子の事を憎んでいた筈なのに何故だか彼女と話しているうちに、だんだんと許してあげようという気持ちになってきました。
変ですよね、それまではA子に対して慰謝料の請求をし、職場に全てをばらして社会的制裁を加えてやろうと考えていたのに。

でもそれには理由がありました。

先程もお話ししたように、私自身にも結婚前に不倫した経験があったからです。
泣きながら謝り続けるA子の声を聞いていたら当時の自分と重なってしまったのです。
当時の私は、これに加えて不倫相手の子供を身篭っていたのですから、私の方が最低なのに、人を責める事なんてできないと思ってしまったのです。

A子に対しては、『旦那との関係を一切絶ってください』と再度約束させ電話を切りました。
それから直ぐに旦那が帰ってきました。
A子と会話した内容を旦那にも話し、旦那はそれを聞いた後無言で書斎に籠ってしまいました。

しかしその日以来以前の彼に戻りました。
携帯電話をよく家に忘れるようになりました。
その為昔のように電話をかけても繋がらない事が多くなりました。
職場で毎日顔を合わせるA子に対しては、私は今までと変わらないように接し続けました。
最初は辛かったのですがそのうちに私は慣れてしまいましたが、A子は慣れる事は無かった為かその翌年自ら退職してしまいました。

それから8年が経過しています。
今でも旦那は携帯電話を家に良く忘れますし、電話をかけても繋がらない事が多いです。
でもそれは、決して通話中等といった怪しいものではありません。

又、風の噂ではA子は結婚しどこかで幸せに暮らしているようです。
人の家庭を壊しかけておいて…とも思いますが、でも私はこれで良かったと思うようにしています。

子供2人を育てながら、大好きな仕事をするには旦那の協力があるからこそですし、あんな事があった今でも私はやっぱり旦那を愛しています。
仕事ばかりを優先し、旦那の事を後回しにした私にもきっと落ち度はあると思います。
だから、もう旦那が浮気していたという事実は水に流し許して忘れる事にしました。
又、今回の件で旦那を責めるばかりでなく私自身も、仕事も少しセーブしながら旦那との時間を増やしていかなければならないなと思っています。

調査員からのひとこと

職場が同じの浮気はよくあるケースですね。
頻繁に携帯を触っている。ロックしている。会社の飲み会が増えるなどなど
怪しい行動も増えるはずです。
弊社で同じ職場の浮気で一人の方が同じ職場の3人と浮気していてビックリした調査もありました。
同じ職場に浮気相手がいると仕事上会わないといけないので辛いですね!
SNSや飲み屋や会社や仕事先、色々と出会う所は多々あります。
夫婦間にギクシャクしたらパートナーをよく見ておく事です。
傷は浅い方が早く治りますので・・・

解決の第一歩は確実な証拠から|ご相談ホームはコチラ
ご相談フォームはコチラ
メニュータイトル 浮気調査・素行調査 ガル離婚相談室 人探し・行方調査 ご近所トラブル 信用調査 結婚調査 盗聴器の発見 ストーカー対策 いじめ対策 裁判資料の内偵 特殊調査 探偵社の選び方 調査の流れ よくあるご質問 浮気調査のアフターフォローも私にお任せください!! ガルセキュリティ あなたの街のガル ガル探偵学校
ガルエージェンシー大阪難波駅前 ガルエージェンシー大阪難波駅前
フランチャイジー募集
フランチャイジー募集
GALU 本社サイトへ
GALU 本社サイトへ
浮気の解決サイト 浮気調査
浮気の解決サイト 浮気調査
人探し&行方調査
人探し&行方調査
盗聴器発見で安心できる生活
盗聴器発見で安心できる生活
企業調査 確かな情報による人材確保
企業調査 確かな情報による人材確保
結婚調査 悩み解決サイト
結婚調査 悩み解決サイト スルガ銀行 ダイレクトエース
VISA MasterCard